スポーツ

野口 健 テレビ寺子屋


日曜の朝にテレビみていたら テレビ寺子屋という番組に登山家の野口 健さんが講義をしていた その模様をブログに書いてみます


落ちこぼれの挑戦

野口 健

こどものとき、学校に転入かなんかしたんだけど、

外人の子がきたということでいじめられた 野口さんはハーフとかクオーターみたいです

中学、高校でも荒れて いわゆる ぐれていた

先輩と大きな喧嘩をして 暴行事件で学校にばれて 停学となった

野口健さんの父は東大卒で官僚

父に学校を辞めたいと相談した

野口健さんとしては 「おまえ高校くらい出ておきないさい」と父親がとめてくれると思っていたが全然とめてくれない、、、

まるで人事(ひとごと)のようにして そうかあの学校は 学費が高いから助かるな〜とか

これからは学歴じゃない

俺は公務員だからあと十年したら退官するけど、そしたら何も残らないかもしれない

おまえの人生だから俺にはまったく関係ない

自分の人生くらい自分で決めよう

そうだ 一人になってこれからどう行きたいのか 自分で考えて自分で決断しろ

ということになってしまった。

で、野口健さんはあるとき 「青春を山に懸けて」という植村直己さんの本を読んだ

そうして野口さんは登山にひかれていく

あるとき野口健さんはマッキンゼーに挑戦
クレバスにはまって死にそうになった
対策として竹ざおを腰につけて歩き進むんだけど、
クレバスに落ちてしまったが、竹ざおがひっかかって助かった

死にそうになったが助かり さらにしばらく歩き進んでいくと 小鳥が死んで 凍っていた
広大な山の中の一点なんだな
でも、自分もこの小鳥と同じじゃないか
ここで いつ死ぬかわからなしい ここで死んだら凍ってしまう 
そう考えたら自分の悩み、コンプレックスがとても小さいものに思えてきた

ここは とてもいい話だ 広大な自然の前で 人間の小ささが感じられる。

そんな野口健はエベレストに挑戦

でも、エベレスト失敗 
失敗して何が足りないか見えた
見えたからそれを補っていって
また挑戦します
当時マスコミに注目されていた 失敗してそうやって答えた

人生は行くも怖いしやめるのも怖い
どうせ怖いなら攻撃するか。

自由というのは何でもやっていいだけというのではなく
自分で決断してその責任を自分で負うということ
自由 決断 責任 やっとこの関連性 自由にどうしてもついてくるものもあるというのもわかった 自由のバカと思いながら登頂をあきらめたエベレスト山をくだった

エベレストの登頂成功率は三割だ

登れないと世間からは攻撃される、社会からみた失敗となる
けれど自分の中の成功、失敗を社会にあわせることはないな

自分の人生、すべて成功ではなく
51%成功したらよしとしようと考えた

その翌年にエベレスト登頂に成功した。

ずっと背伸びし続けた十年間

コツコツ続けているうちになんとかなるんだな


山にいると 生きていることを実感する

 ああ 今日も 生きているな

死に近づくと生への執着が強くなってくる

よくないひとっていうのは、
失敗したらいけないということばかり考えて 頭でっかちになってしまう 一歩が出ない

という野口健さんの面白くためになるお話でした

ありがたや(^人^)〜


スポーツ

欧州サッカー王者バルセロナ

欧州サッカー王者FCバルセロナの特集をテレビのうるぐすでやっていた。当ブログに書いてみる。

バルセロナっていったらヨーロッパでスペインで、観光地ですけど、観光してみたいですけど。。 サッカーも強いんですね。 
バルセロナの特徴 それは華麗なるパスサッカー

選手としてはなんか最優秀選手に贈られる賞も獲得したメッシがやはり目だちますな

メッシ プショル グアルディオラ監督(この監督は38才と若い)

彼らにはある共通点がある それは「カンテラ」出身ということ。

カンテラとは何ぞや? それはこのクラブの下部組織のこと。ジュニアチームみたいなものかな だったら日本にもありそう

カンデラでは7才〜18才までの 242名が在籍している

ふむふむ

気になる練習は、 繰り返し同じ練習

中盤でパスをまわしてゴールを狙う これは親チームのバルセロナの目指すスタイル

要するにジュニアから基本的に繰り返しパスまわしして点をとる練習をしているということか。

ここでプジョルのコメントが カンテラをほめてる感じ。

で、FCバルセロナのカンテラのもうひとつの秘密

マシア 

「マシア」というカンテラの選手が生活する寮がある

カンプノウという巨大なサッカースタジアムの目の前に作られている

この寮で寮生たちは社会性を学び、厳しい共同生活の規律や勉強をする

で、目の前に憧れのスタジアムがあって いつかはここでプレーしたいと目標が設置されているって設計です

強いチームは環境が違う 環境が整っているっということですか。

国民も強く支持しているし、

なーるほど。

今度の世界一決定戦はどうなるかな? 南米代表クラ ブエストゥディアンテスもベロンがいるし 強いのであなどれない

それではまた


スポーツ

亀田 興毅選手と内藤大助選手


プロボクシングのWBC(世界ボクシング評議会)のフライ級タイトルマッチが2009年11月29日の夜、埼玉県さいたま市 さいたまスーパーアリーナで行われました。
亀田興毅選手(挑戦者)が内藤大助選手(チャンピオン)にフルラウンド(12ラウンド)判定で勝ち、新チャンピオンになりました。

内藤大助選手負けちゃいましたね。 少年時代には学校でいじめられて、社会人では結婚して月収12万円夫婦で貧乏して 2度世界チャンピオンに挑戦して破れ、三度目の挑戦で世界チャンピオンになり(対戦したのは3戦とも同じ選手)、そのあと5度チャンピオン防衛して(亀田大毅含む)、、亀田興毅との対戦だったわけですが、 まあ、亀田興毅選手が昨夜に関しては強かったですね。運もあったかもしれませんが。 強く写りました。

二人ともお疲れさまでした。

亀田さんはおめでとうございます。

視聴率もよかったみたいですね。



で、一夜あけて 翌朝テレビをつけたら

早速、亀田 興毅選手がみのもんたの朝ズバに出ていました

顔に昨夜の戦いでつけた擦り傷をおい すこしだけ痛いたしい感じ。

でも、テロップに好物はメロンパンと出ていて、亀田 興毅(こうき)もメロンパンを食べているようだった。

なんか今まで怖いイメージだったけど、ちょっと優しいソフトな感じになったかな?


スタジオのコメンテーターやアナウンサーたちも暖かい雰囲気で迎えていた

昨日の試合のダイジェストが流れる。

試合の序盤に、亀田 興毅のストレートが内藤大助の顔面を捕らえているシーンが、、

今思えば、ここらへんから、内藤が鼻が腫れてしまって なんか見た目に差がでてきたのかな〜

「打ち合ってる姿がシェイプされているし 美しい、黒ヒョウみたいですね」と女性アナウンサーか誰かがコメントした

「そうですか、ならリングネーム 今度から浪速の黒ヒョウにしようかな」
なんて感じの、亀田 興毅。

スタジオはなかなかウケている。 

まあ、コメントもこの人、面白い。物騒な、というか自信満々なコメントが多かったけど、なかなか普通のことも言っている、という印象も受ける。

あとは人間的な成長もほめられていた。

亀田 興毅の昨夜の試合のトランクス、シューズ、グローブがスタジオに並んでいる

みのもんたが触る。 あ、トランクス重いんだね。

グローブはこんなに薄いんだ

昔は8オンスで今は6オンス? それとも昔は6オンスで今は8オンスだったか忘れてしもた >< けど、そんなグローブの話を亀田 興毅がしていた。

シューズも派手。「デコ(デコレーション)してます」 と亀田 興毅。 なるほど。


で、こういう試合の衣装は一回しか使わないみたいですね 全部とってあるとのこと。

あ、あと 彼女の存在みたいなのもいるみたいで、、亀田興毅選手の彼女ってどんな人なのかな〜 ヤンキーっぽい人なのかな? サングラスとかしちゃってるのかな?
それとも意外とおとなしそうな人なのかな〜 車は米GM社製の「ハマーH2」持ってるから、それでドライブしたりしてるのかな〜 何にしろ楽しみですね。

亀田興毅もブログ(アメブロ)しているみたいだから、アメブロに書いてくれたりするとわかりやすい


なんかヒール役から好青年に少しイメージが変わった亀田興毅選手でした。


で、ボクサーの収入についてちょっと調べてみたら

現状では世界チャンピオンになって、やっとある程度のファイトマネーがもらえるらしい。
世界戦はファイトマネーに1000万円以上もらえる事もあるみたい

でも、そこは勝負の世界なので ずっと勝ち続ける必要があり、負けてしまえば、、

世界チャンピオンになってもアルバイトを続けている人もるらしい。大変ですな。

そこで、強さプラス タレント性だ。
辰吉選手や亀田三兄弟のような派手で目立つ、パフォーマンスが話題になる人気のあるボクサーの収入はかなりのものみたい。一試合、数千万のお金が動きます。

確かに、有名なら観たいお客さんも多く、大きい会場でやるし、テレビしたり タレントとしてグッズとかもあるし、、

エンターテイメント要素もありますね。


それではまた〜


スポーツ

wbc 2009 サムライジャパン感想

野球の ベースボールの
wbc 2009 サムライジャパンの皆さん 
感動をありがとうございました

見事大会二連覇 優勝しました〜

以下は今回の
wbc 侍(サムライ)ジャパンのみなさん
勝手な印象 失礼だったらごめんなさいませ m(_ _)m

○ピッチャー(13名) 
変化球がたくさん使える投手が、バッター達をうまくかわせて
頼れるという流れがあるかも

松坂 大輔(レッドソックス) 安心感、存在感が大きい
岩隈 久志(楽天)      技術が高い 余裕があった
ダルビッシュ 有(日本ハム) 見た目がかっこいい 最後のスライダーよく曲がった
杉内 俊哉(ソフトバンク) 
涌井 秀章(西武)
渡辺 俊介(ロッテ)     球のでるところが低い
田中 将大(楽天)      
小松 聖(オリックス)
岩田 稔(阪神)
内海 哲也(巨人)
山口 鉄也(巨人)
藤川 球児(阪神)      直球の威力がどれぐらい通用したか もっと通用したかも。
馬原 孝浩(ソフトバンク)

○キャッチャー(3名)
城島 健司(マリナーズ)  ずっと座って大変 頭も使いっぱなし。
阿部 慎之助(巨人)
石原 慶幸(広島)

○内野手(6名)
小笠原 道大(巨人)    チャンスで打つ
岩村 明憲(レイズ)    ファーボールや犠牲フライがうまかった
片岡 易之(西武)     
村田 修一(横浜)     パワーがある
中島 裕之(西武)     
川崎 宗則(ソフトバンク) 元気で動きがいい

○外野手(6名)
守備の技術でいえば wbcとは関係ないけど引退した新庄が一番うまい
キャッチング、スローイングの技術が。

イチロー(マリナーズ)  不調を装い最後に打ってくれた
青木 宣親(ヤクルト)   よく打っていた
稲葉 篤紀(日本ハム)   なんとかヒットを打つ
内川 聖一(横浜)     気合が入っていた
福留 孝介(カブス)
亀井 義行(巨人)


監督(1名)
原 辰徳 - 監督(巨人監督)
ピッチャーが良すぎて誰を使うかもう大変
「後ろ向きなことは一切言わない」と精神的にチームをいい方向にもっていけたのが凄い
連覇のプレッシャーに打ち勝った

コーチ(6名)
伊東 勤 - 総合コーチ(前西武監督)
山田 久志 - 投手コーチ(元中日監督)
与田 剛 - 投手コーチ(元中日など)
篠塚 和典 - 打撃コーチ(巨人コーチ)
高代 延博 - 内野守備走塁コーチ(前中日コーチ)
緒方 耕一 - 外野守備走塁コーチ(巨人コーチ)


wbc サムライジャパンのみなさん、感動をありがとう〜

サムライジャパン ばんざーい


ではまた

スポーツ

wbc 2009 イチロー凄い

テレビでwbcをみていたのですねー
野球ですよ野球 ベースボール。

日本は強くてあらゆる国を倒していきました
韓国には勝ったり負けたりでした

キューバに二回、アメリカに一回勝ったのはすごいです

で、決勝も宿敵、運命のライバル、お隣さんの韓国になりました

そしたら日本がはらはらしながら
最期に韓国にリードしていくんだけど
もうひとつダメ押しのリードの点が入らないのです
で、3対2で9回になり、ようやく勝ちそうになったんだけど
それでも追いつかれてしまった
あわやダルビッシュが
ツーアウトランナー1、2塁でこれ以上打たれたら
サヨナラ負けではないか〜
という状況
みていられない〜

と思ってたら なんとかアウトにしたので良かった ほっと一息。

でも延長戦で日本は先攻なので不利かなーと思ってました

でもでもそしたら先頭バッター、内川から塁にでて、
なんかいい感じ。
ただ、凡退とかもありアウトカウントも増える

ワンアウト2、3塁で日本チャンス!

調子の良かった川崎が出てきて、これはもしかしてなんとか
点が入るかもと思っていたら初球を打ち、ショートフライで倒れてツーアウト2、3塁

あ〜 だめか

で、バッターはイチロー様。

ここで今までなかなか不調だったイチロー
あの鈴木一郎選手
(でも、この決勝の韓国戦においてはなかなか好調でしたが。)

それでツーストライク ワンボールとかに追い込まれた

やばい〜 凡退かも。

でも、膝元の見逃せばボールになるような球をファールにしたりして
なんか、ボールを前に飛ばそうとしている感じ
いい球がくるまで、届く球はファールにしようというスタイルかも

で、
結局
パコーンって
打ちました
打ってくれちゃいました
センター前に!

やったー
日本中が見守る中。
2点タイムリーを打ったのです〜

イチロー様はセカンドベース上で
とても冷静、クール。

結局このヒットが決勝点となり
日本が見事wbc 2009 優勝チーム
二連覇となりました めでたいなー (^^)

で、閉会の式なんかも終わったそのあとのグランドでインタビューがあったのですが
そこがまたわかりやすくて面白かった

---イチローさんおめでとうございます

「ありがとうございますっ
 やっぱりボクは(なにかを)持ってますかね?
 (延長決勝打のときは)神が降りてきました。」

---日の丸を手に、グラウンドを一周したときはどうでしたか?

「ほぼイキそう(いきそう)になりました。あ、すいません。」


「ほぼいきかけました すみません」


「ほぼイキかけました すみません」





みんなが注目するインタビューで
このようなお下劣な発言はいかがなものでしょうか?
いやいや

ここがイチロー様のわかりやすいところなんです!

素晴らしい! 面白い!

この最期の最期に相手に敬遠をさせないために
味方すらあざむいて
大会中ずっと不調を装っていたイチロー

サムライジャパンのプレッシャーをひとりで背負い
そのすきに他のバッターを
「イチローが打てないんだから自分が打てなくても
別にしょうがないよな」と楽にさせて
チームメイトにヒットを打たせていたイチロー


イチローばんざーい

サムライジャパン ばんざーい

スポーツ

イメチェンの亀田三兄弟

最近テレビを見ていたら
亀田大き選手の試合の反則指示疑惑とかあって
亀田家ファミリーがたたかれていたのですが

父親のしろう氏が身を引く形となり
長男の亀田興毅(こうき)選手がテレビでまず謝罪会見して
三男の和毅選手がブラジルに行く事になったようです

そのとき興毅選手がテレビでさわやかにあいつもがんばって欲しいとか
いっていて、
なんかさわやかになったなーと感じました

悪役を演じて、パフォーマンスしたり
ニワトリを籠の中で追いかけて叫んだり
練習風景なんかも話題でしたけど
記者会見でも相手に対して毒づいたり
負けたら切腹するとか
なんか収集つかなくなってたかもしれませんね
もっと、もっとなんか目立つインパクトのあることはないのかと
段々エスカレートしていってしまいます

ボクシングってスポーツなんですけど
プロボクシングなんでエンターテイメントでもあるから
人気とか話題性、お客さんが見てくれるほど価値があがるのですから

高い技術を競い合う けして相手を憎くて殴るのではなく
ことと
ケンカのような感じでドラマや映画のように、感情移入してもらう
ことを両方うまくやるべきなのかもしれませんね

その点では立派なプロではないでしょうか

これからは一転してさわやか路線で
行動も言葉もさわやかに礼儀正しく
相手を褒めて、勇気づけ
ファイトもクリーンに挨拶をしっかりし、おじぎを良くして
一気に誰よりも国民みんなから好かれる亀田三兄弟に上りつめて欲しいです
それでananアンアンとかの投票で好感度のもてる男性と抱かれたい男の
第一位から三位までを独占し、ロッキーのようなドキュメントタッチの
ボクシング映画を撮って、アカデミー賞で受賞して欲しいです

亀田家 亀田三兄弟


それではまた

スポーツ

楽天 フェルナンデス語録


こんにちは(^^)

ネットで見たんですが 野球で東北楽天イーグルスの内野手フェルナンデス選手が
ヒット等を打ったあとのインタビューのコメントなどの彼の語録が人気だそうです
彼はドミニカ出身の選手です。
楽天には野村監督や田中投手の他にも、こんな素敵な選手がいたんですね。


・「失敗を考えれば結果はおのずと失敗だ。勝つことに賭ければ、それだけで一歩前進なんだよ」

ふむふむ うまくいかないことが続いても、可能性に賭けることが大事で
うまくいく予測とうまくいかない予測、両方考えて対処するといいかもれませんね

・「人生には悪い時が必ずある。でも心を静かに保て。暗い中にも明るい光が見えてくるはずだから」

うまくいかなくても、落ち着くのは大事でしょうか

・「他人が自分を信じない時、王者は自分を信じる」

・「野球とはとにかく楽しむもの。
  いつ野球ができなくなる日が来るか、わからないんだ。
  そのカーテンが閉まるときまで、僕はとにかく楽しんで野球をやろうと思っているよ」

そうですね明日は何が起こるかわからない いつまで今の状態が続くかも保障はない

・「昨日は過ぎ去ったこと。明日はまだ来ていない。
  オレは今日ここにいる。がんばるだけさ。」

・「自分で選んだ道ならば、それを愛さなければならない。
  人生の80%は仕事。おれは野球が大好きなんだ」

仕事が好きでありたいです (^^; その中で長時間過ごすのですからね

なんか良いヒントをもらったようで、少し得した気分になりました

それではまた(^^)


スポーツ

イチロー トーク

こんにちは(^^)

このあいだ、メジャーリーガーのイチローがテレビで言ってたんですよね
誰かと対談形式みたいな感じでしたが

緊張しないやつは余程超越している人か
もしくはだめな人で
超越している人なんてめったにいないんだから
緊張しない人はだいたいだめなんだって

自分で結果出すためにやってきて
準備をしてきて、ある程度自信もあって
それで本番で結果出したいなら緊張するのはあたりまえだって

メジャーリーグのオールスターでランニングホームランを出したときの放送だったと思います

なるほど真剣に自分の道に打ち込み、人並みはずれた結果を出した人の意見ですね

それと、イチロー選手は
ホームラン、ホームランがたまに出るんですが
そのときはヒットは捨てて、ホームランを狙っているらしいですね
ヒットを狙うバッティングでは彼の場合はその延長でホームランとはならないそうです


それではまた (^^)