スポーツ

イメチェンの亀田三兄弟

最近テレビを見ていたら
亀田大き選手の試合の反則指示疑惑とかあって
亀田家ファミリーがたたかれていたのですが

父親のしろう氏が身を引く形となり
長男の亀田興毅(こうき)選手がテレビでまず謝罪会見して
三男の和毅選手がブラジルに行く事になったようです

そのとき興毅選手がテレビでさわやかにあいつもがんばって欲しいとか
いっていて、
なんかさわやかになったなーと感じました

悪役を演じて、パフォーマンスしたり
ニワトリを籠の中で追いかけて叫んだり
練習風景なんかも話題でしたけど
記者会見でも相手に対して毒づいたり
負けたら切腹するとか
なんか収集つかなくなってたかもしれませんね
もっと、もっとなんか目立つインパクトのあることはないのかと
段々エスカレートしていってしまいます

ボクシングってスポーツなんですけど
プロボクシングなんでエンターテイメントでもあるから
人気とか話題性、お客さんが見てくれるほど価値があがるのですから

高い技術を競い合う けして相手を憎くて殴るのではなく
ことと
ケンカのような感じでドラマや映画のように、感情移入してもらう
ことを両方うまくやるべきなのかもしれませんね

その点では立派なプロではないでしょうか

これからは一転してさわやか路線で
行動も言葉もさわやかに礼儀正しく
相手を褒めて、勇気づけ
ファイトもクリーンに挨拶をしっかりし、おじぎを良くして
一気に誰よりも国民みんなから好かれる亀田三兄弟に上りつめて欲しいです
それでananアンアンとかの投票で好感度のもてる男性と抱かれたい男の
第一位から三位までを独占し、ロッキーのようなドキュメントタッチの
ボクシング映画を撮って、アカデミー賞で受賞して欲しいです

亀田家 亀田三兄弟


それではまた

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/6458410
この記事へのトラックバック